春の引っ越し予約を確実に入れるために

引越し

 

ただでさえ引っ越し難民が去年より増えるというのに、今年はレオパレス問題も加わって、この春は今までになく厳しい引っ越し事情になりそうです。

 

確実に引っ越しするなら、3月は避けましょう。4月も土日は難しいでしょうから、予約を入れるのなら4月の平日です。

 

繁忙期の引越しの見積りが100万円という、本当とも嘘とも言えない情報がネットに飛び交っていますね。

 

でも100万円出せば引っ越しできるというのも、本当とは思えません。本当に人手不足でどうにもならないのなら、いくらお金を積んでも出来ないものは出来ないというでしょうから。

 

仕事の都合で4月1日から移動先で勤務というのなら、単身で先に行ってビジネスホテルを仮の宿にする方法もあるでしょうし、引越し先がまだ空いていないのなら、家具は一時保管倉庫に入れておくという手もあります。それほど今年は戦場の様相です。

 

見積りと予約は同時に取る

通常なら見積りは3社以上からとって比べるものですが、この時期の割増料金は、ある程度の割り切りが必要になってきます。

 

希望日に予約が取れるのなら、見積もりを聞いて、通常の2倍〜3倍程度なら予約を入れてしまいましょう。

 

そして、もしもうまく3社ほど予約が取れたら取ってしまうのです。そのあとで見積りを比較して、高いところはキャンセルします。

 

一括見積は有効なのか

数年前までは、いくら繁忙期だと言っても予約が全然取れないということはありませんでした。大手から地元の中小の引越し業者までをあたれば、どこかの引越し業者で予約が取れたものでした。費用も通常期の3割増し程度で引っ越しできたものです。

 

ところが昨今では市場の動きが早く、予約できる日はすぐに埋まってしまい、ネットで予約可となっていても実際はすでに埋まっていることも多いと聞きます。

 

だから一括見積では間に合わないと諦める方がいますが、次のように利用してみてはいかがでしょうか。

 

個別に引越し業者に問い合わせるのと並行して、一括見積も依頼します。一括見積も1社だけではなく、3社ぐらいは依頼してみましょう。

 

一括見積はネットで依頼するので返事が来るまでにタイムラグがあります。依頼して見積りが出るまでの時間を利用して、個別に電話をしていくと効率よく時間を使えます。

 

一括見積り依頼先の例です。

 

⇒ 引越し侍予約サービス
⇒ 引越し侍
⇒ ズバット引越し比較
⇒ 引越し価格ガイド