引っ越し費用

引越し

引っ越し費用についてです。

 

その前に、見積もりを出されて見積書にサインをすると契約したことになりますから注意しましょう。値段の交渉が終わっていないのなら決してサインをしないようにしましょう。
よくわからなければ遠慮なく営業マンに聞きましょう。説明をいい加減にしてサインを急がせるような業者とは契約しない、ぐらいの気持ちでいればいいと思います。

 

引越のキャンセル料金は

 

事情で引っ越し予約をキャンセルしたいとき。
前々日までキャンセル料はかかりません。
引越前日にキャンセルすると、引越見積もり書に記載した運賃の10%以内、
引越当日にキャンセルすると、同じく20%以内のキャンセル料がかかります。
(標準引越約款第21条)

 

これは、「標準貨物自動車利用運送(引越)約款」(平成2年11月26日運輸省告示第580号)をもとに各引越会社が定めているものです。

 

この引越約款は、見積もりの時に必ず客先に提示しなければならないことになっています。キャンセル料や家財が破損したときの賠償などを必ず確かめておきましょう。

 

契約を交わすのですから、あとで聞いていない、知らないといっても通用しません。

 

追加料金てあるの

 

事前にきちんと説明したとおりで変更がなければ追加料金はありません。説明してあるにもかかわらず追加料金を請求されても支払う必要はありません。

 

ただし、事前に説明とは違う荷物があったときは追加料金の発生になることがあります。たとえばピアノや大型の家具・家電製品などです。

 

内金や手付金は必要?

 

支払う必要はありません。
引越約款で請求しないことになっていますから。

 

もしも引越約款などを定めていない業者がいたら、良心的な業者ではない訳ですから、もし内金が必要だと言われたらそういうところとは契約しないことが、後々のために大切です。なにかトラブルがあっても、おそらく対応してもらえないでしょうから。

 

ペットの輸送はできるの?

 

犬、猫、小鳥、熱帯魚に対応したスタッフがいるのがハート引越センターです。その他の業者でも対応可能な場合があるので、問い合わせてみるのがいいと思います。
ハート引越センター以外は専門業者に依頼するので、自社対応ではないようです。

 

特約がない場合は、ペット輸送を業務にしているペットタクシーなどに手配する方法があります。

 

契約前に段ボール箱を置いていったが?

 

そのまま契約を結べば問題ありませんが、別の会社と契約した場合や、客側が頼んで置いて行ってもらったときは、段ボール箱の引取料金や使ってしまった段ボール箱の料金を支払う義務があると考えておきましょう。請求されなければこちらから言い出すことはありません。

 

ただし、引越会社が一方的に置いていったときは、引取料を請求されても支払う義務はありません。請求されても拒否し、取りに来なければ放置しておけばいいです。

 

引越にともなうトラブルは比較的多く発生しています

 

感情的になって、トラブルが解消するまで料金は支払わないというのは契約違反になることがあるので注意しましょう。少なくとも荷物が新居まで運ばれているのであれば、運賃の支払いはしなければなりません。

 

それと損害賠償は別の問題ですから、自分の方が債務不履行にならないように注意することも必要です。

 

公益社団法人 全日本トラック協会の公式サイトを参考にご覧ください。
http://www.jta.or.jp/shohisha/yakkan/qa.html

 

ただし、これは運送会社側の視点に立っているので、本当に深刻なトラブルになったら、司法書士や弁護士に相談するか無料法律相談などで早めに対処しましょう。めったなことはないと思いますが、実際、深刻なトラブルは発生していますのでこのページのことを覚えておいてください。

 

引越しが決まったら費用の見積もりをとりましょう。

 

一括見積がお得です
他社と比べられることを想定して、最初から安く設定していますから。
(引越し侍予約サービスへ)

 

⇒ 引越し侍予約サービス