引っ越し 準備

引越し

引っ越し 準備

 

 

引越が決まったら、引越業者に見積もりを依頼するのと合わせて荷造りの準備を始めます。

 

 

 

いろいろな方法がありますが、流れを整理してみましょう。

 

 

 

 

不要なものを思い切って処分する

 

 

処分は、引っ越しが決まったらすぐに始めましょう。
1日ではできませんから、粗大ゴミの収集日にあわせて1週間ほど前から始めましょう。

 

 

新居に、不要なものやゴミを持っていかないことです。
特にかさばるものはできるだけ処分しましょう。

 

 

不要なものは車庫や物置に置いてあることがほとんどです。
使っていない下駄箱や棚、使っていない錆びた自転車、古くなったスキー用具など、この際全部処分しましょう。

 

 

部屋では、着なくなった服、古いスーツ、大量の本など、特に価値のないものや思い出があるわけでもないものは思いきって処分です。

 

 

 

趣味のものはヤフオクで売却する手もあります。
車に付けるスキーキャリア、加湿器、CDプレーヤーなどはオークションを利用して処分すれば、再利用してもらえますし、現金も手に入って一石二鳥です。

 

 

 

 

◆引っ越し先のどの部屋に入れるのかを考える

 

 

引っ越し先の部屋番号を箱に書いておく。
引越し先の見取り図を書いて部屋ごとに番号を打っておき、梱包した段ボール箱には、どの部屋へ置いてもらうのか分かるように部屋の番号を書いておきます。

 

 

引っ越し先で下ろした荷物は、直接、梱包を開く部屋に入れてもらうのです。
これで引っ越し先での荷物の仕分けはしなくて済みます。

 

 

自分の荷物は自分で梱包することが前提です。

 

 

食器など台所用品や洗濯、お風呂回りの用具は、奥様にまかせましょう。
色々やり方がありますし、男が口出ししない方がいいのです。
男は力仕事を手伝いましょう。

 

 

 

 

◆毎日使うものは梱包しない

 

財布や免許証など、毎日使うものはもちろん梱包しませんが、引っ越し当日の服や下着、タオル、洗面用具、コップなども別にしておきます。

 

 

引っ越し前日から、洗い物はできるだけしなくて済むようにします。
食器なども梱包済みですから食事は出来合いのものを買ってきて食べます。
2、3日分の食費が必要と思っておきましょう。

 

 

前日までに、引越会社にたのむ家具やベッド、テレビなどの他は、すべて段ボール詰めを完了しておきます。
前日に寝る布団などは、当日起きてから布団袋に入れます。

 

 

冷蔵庫を動かした跡は、壁が黒くなっていたりするので、特に汚れのひどいところはできるだけ清掃をしてきれいにします。
部屋にも最後に掃除機をかけてきれいにしておきます。
あとは、当日着る服と財布などの貴重品だけというのが前日の状態です。

 

 

 

 

 

◆近所への挨拶

 

 

ご近所には1週間ほど前までには引越の挨拶を済ませましょう。
向こう3軒両隣だけで十分です。
特にお世話になった方には簡単な手土産を持って行くのが自然です。

 

 

私はマンションだったので、お世話になった管理人さんと管理組合の理事長にだけ伝えました。

 

 

引越日を伝えて、トラックなどが出入りするのでよろしくお願いしますと一言伝えておけば、なお良いです。

 

 

 

 

 

◆チップの準備も

 

 

引越会社の作業員に渡すチップもできれば準備しておいた方がいいです。
建前では心付け不要となっていますが、一人1,000円程度を渡すのが望ましいと思います。
もらえばうれしいものですし、やる気が出るものですから。

 

人数分だけ1,000円札で用意しておいて、白い封筒に入れ、リーダーの方にまとめて渡します。

 

 

 

 

引越しが決まったら費用の見積もりをとりましょう。

 

一括見積がお得です

 

他社と比べられることを想定して、最初から安く設定していますから。
(引越し侍の公式サイトへ)

 

 

>>引越し侍予約サービス