引越し 見積もり ダンボール

引越しには段ボールがつきものです。

 

 

見積もり業者が契約もしていないのに段ボールを置いていくことがあります。

 

そのまま契約をむすべば問題はありません。

 

 

もし別の会社と契約した場合は、客側が段ボール箱を置いていって欲しいと頼んだときは、段ボール箱の引取り料金を払う義務があり、使ってしまったときには使った段ボール箱の料金を支払う義務があります。

 

ただし請求されなければ払わなくてOKです。

 

 

引越会社が一方的に置いていったときは、引取り料を請求されても支払う義務はありません。引取り料を請求されても拒否し、取りに来なければ放置しておけばいいです。

 

 

万一トラブルが発生したら

 

引越にともなうトラブルは比較的多く発生しています。

 

口約束はないのと同じです。
営業マンは引っ越しの作業員には来ませんから、契約書がすべてです。

 

 

料金や破損に関することなら
感情的になって、トラブルが解消するまで料金は支払わないというのは間違いです。
少なくとも荷物が新居まで運ばれているのであれば、運賃の支払いと損害賠償は別の問題ですから、自分の方が債務不履行にならないように注意することも必要です。

 

 

引越し会社のお客様センターなどと交渉しつつ、うまく行かなそうなら消費者センターなどの公的機関で相談します。

 

最後は、調停または裁判です。

 

 

トラブルは、多くの場合、疑問な点をきちんと解決しておけば防げます。
特に料金に関することは、引越し前に正しく理解しておきましょう。

 

 

一括見積もりなら料金の比較が簡単です。引っ越し侍。

 

>>引越し侍予約サービス