引越し 見積もり 断り方

引越しには見積もりをとることが大事なことは分かった。
そして一括見積もりがオトクなことも分かった。

 

 

でも、5社とか6社とか、それ以上の見積もりが来ても依頼するのは1社だけ。
他はどう言って断ればいいのかとか思っていますよね。
断るのが大変だから最初から1社だけにしておこうとか思っていませんか。

 

 

断るのは簡単です。
「主に金額面と対応がとてもよかったので○○運輸さんと契約しました。
今回は縁がなかったようですが、次の機会にお願いします。」
これだけです。

 

 

いくらで契約したのかとか必ず聞かれますが、答える必要はありません。
「答えられません。」でいいんです。
答えれば、そこからまた食い下がられます。
何を聞かれても「答えられません。」でいいんです。

 

 

万一しつこかったら、「そういう対応の悪さが嫌なんです。」とぴしゃりと言いてやればいいです。そして「こういうこともブログに全部書きますから」とも。

 

 

あと、今すぐに決めてくれたらさらに○万円引くとかいうところもたくさんあるでしょう。
そういう時は、
「じゃあ合計○○万円ですね。他の見積もりも全部見てから考えます。」と答えましょう。
「あとではこの金額にはなりません。」と言われたら、
「じゃあお宅とはやめておきます。」で結構です。

 

 

相手の主導ではなく、こちらの主導で行きましょう。

 

 

もちろん丁寧に聞いてくる相手には丁寧な口調で答えましょう。
言う内容は変わりません。
上に書いたとおりです。

 

 

注意点が一点あります。

 

引越し日が決まっていて、どの運送会社も予約がとれないほどの3月末の日曜とかだったら、金額面ではある程度の妥協は必要になるかもしれません。臨機応変に対応しましょう。

 

 

引越しが決まったら一括見積もりがオトクです。

 

 

>>引越し侍予約サービス